花咲ガニ,食べ方

花咲ガニをお取り寄せするなら「百海丸」

 

花咲ガニを通販で販売しているところは極少ないです。

 

中には何年も前のカニを販売しているところもあります。

 

そんな中「百海丸」さんの花咲カニはすべて1年以内のモノです

 

地元はもとより全国にもファンが多い人気の花咲ガニ。

 

そして花咲カニといえば、根室。

 

濃厚な味とこくが特徴で、浜茹での場合には張りのある肉質が最高です。

 

最高です(´⊆`*)

 

特に初めて食べる方は、是非とも浜茹でで食べることをオススメします

 

百海丸

 

 

 

 

花咲ガニの特徴


花咲ガニは根室市が本場のタラバガニ科のカニで、国内でも北海道の東側、

 

つまり根室市やその近海、シベリア海あたりにまで生息しています。

 

大変希少なカニです。

 

生では茶褐色ですが、茹でると花が咲くように真っ赤になるので「花咲ガニ」と呼ぶようになったようですが、

 

その他に由来として根室市の太平洋側の根室港、通称花咲港(花咲岬とも)で多く水揚げされるということからついた名前のようです。

 

実はこの花咲港では、国産花咲ガニのうち約8割が水揚げされています(要は日本一ってこと)。

 

ボディーのトゲがすごいんです。

 

大きなトゲが多いんですが、

 

カニの種類では結構大きめのカニで、濃厚で弾力性あるぷりっとした身と、

 

どことなくえびのような独特の風味があるのが特徴です。

 

どのカニにもまして、この花咲ガニが一番おいしい!と絶賛する人が居るくらいのおいしさなんです。

 

数が少なく大変貴重なので、漁期間は夏〜9月ごろと規制されており、

 

毎年9月から10月ごろまでが旬で大変短い期間です。

 

本場で食べるには、特に根室まで行けば花咲ガニ専門店が軒を連ねていますが、釧路あたりでも食べれます。

 

オススメはカニ爪。

 

もうすみからすみまで身がたっぷり詰まっていて、得した気分になります。

 

しかも身がきれいにとれるのでたべやすい。身だけでなく内子もおいしいと評判。

 

身も味噌も濃厚な味わいかつたっぷり入っていて、大満足です。

 

毛蟹の方が美味かもしれませんが身の入りがイマイチなので、私は花咲の方がお気に入りです

 

 

身が引き締まっていて柔らい
内子は、濃厚な味を楽しめ、蟹のツウ好みの味
根室周辺でしか水揚げされることのない、貴重なカニ
難点はトゲが痛くて食べにくい