タラバガニ,食べ方

タラバガニの特徴

 

かにの王様!本タラバガニ

 

かにの王様とも言われるタラバガニ。

 

鱈の獲れる漁場に棲んでいることから、タラバガニと呼ばれています。

 

日本海・オホーツク海・北太平洋・北極海の冷水に生息しています。

 

名産地は北海道ですが、現在主な漁場はロシア領なので、稚内港などで

 

水揚げされるタラバガニの95%はロシア産です。

 

タラバガニの足は他のカニに対して一対少なくハサミを入れて計8本で、

 

実は、カニではなくヤドカリの類なのです。

 

大きい物では、足を広げると1Mを超えるものもあり、別名キングクラブともいいます。

 

味はあっさりしており、なんと言っても身が厚くボリューム感がたまりません!

 

 

ボリューム感、満足感は一番
肉厚で身が引き締まり繊維が太い
毛ガニ・ズワイガニに比べて旨みが少ない