タラバガニ,ゆで方,さばき方

タラバガニのゆで方とさばき方

タラバガニのさばき方です

 

カニのゆで方〜タラバ
[1]前掛け(通称ふんどし)を開けて、中から内蔵(ミソ)を手か箸を使って取り出し、軽く水洗いして下さい。
[2]大型の鍋にカニが隠れる位、水と塩を入れる。
(水1リットルに対し、塩15g〜20g位が目安)
[3]沸騰してから、タラバガニを甲羅を下にして入れる。
*再沸騰してから18〜20分位でゆで上がります。
[4]ゆで上がり後、軽く水洗いをして、お召し上がり下さい。

 

〜カニの保存方法〜
お手元に届いたカニを一度に食べ切れない時は、下記項目をよく読んでから保存して下さい。

 

【活タラバガニの保存方法】
活の状態で保存する場合
姿のままでは冷凍庫に入り切らないので、カニ足部分を新聞紙、又はラップで包み、袋に入れて保存する。(解凍後は、カニスキ・鍋等にしてお召し上がり下さい)

 

【ボイルタラバの保存方法、解凍方法】
ボイル(浜ゆで)の状態で届いたカニ(冷凍されていない状態)
賞味期間は冷蔵室で、2日間位迄が目安です。(届いた日を含む)
食べ切れない時は、ぬれた新聞紙、又はラップで包み袋に入れて冷凍する。(主にカニ足部分)
冷凍された状態で届いたボイルタラバガニ(浜ゆでしてから冷凍)の解凍方法
新聞紙に包んで甲羅を下にして、台所等に置き、自然解凍して下さい。5〜6月なら2〜3時間位で解凍します。

 

【注意事項】
*カニは裸のままで冷凍しないで下さい。水分が蒸発し、身がパサパサになります。
*一度解凍してしまったカニは、二度冷凍はしないで下さい。(風味を落し、雑菌繁殖の原因)
*電子レンジ、水につけての解凍も避けて下さい。(風味を落す)